元保育士が子育て始めます(*'▽')

元保育士(10年)が思う。子育てしてみて、理想と現実。

頭の形② 大学病院へ

前回
頭の形①のつづき

頭の形が気になり始め、試行錯誤はしたものの…なかなか治らず、ヘルメット治療に進もうと決めました!

ネットで調べると様々なヘルメット治療があるらしい

①アイメット

②スターバンド

③ ミシガン頭蓋形状矯正ヘルメット

私はこの中で、スターバンドのヘルメット治療をしようと思いました。

理由は、
①この中では1番安い。

②自宅から車で通える、施設がある。

この2つの理由からスターバンドに決めました!

赤ちゃんを連れて、電車に乗るのはドキドキするし、ヘルメットを作った後も定期的に通う必要がある為、交通の便が良いのは助かります。

スターバンドのサイトを見ると、医療機関によって治療の流れが違うみたいです。

例えば…2つの医療機関の治療の流れを見比べてみると、病院を先に受診するか後に受診するか変わってくるようです。
もし、受診したい医療機関を見つけたら治療の流れを確認してみてください。

《例》1つ目
⭐︎帝京大学医学部附属溝口病院⭐︎

治療の流れ
”測定コースお申し込み”からお問い合わせください。

AHSビジターズオフィス銀座・新宿にて測定コースをご予約。
STARscannerによる頭部形状評価。

後日、帝京大学医学部附属溝口病院形成外科(毎週火・木・土曜日午前)にて適応診断。

《例》2つ目
⭐︎ 東海大学医学部付属病院⭐︎

東海大学医学部付属病院形成外科(毎週水曜日午前)をご予約。

受診後、治療ご希望の場合は”測定コースお申し込み“よりお問い合わせください。

後日、アライヴワークにてSmartSocカメラシステムによる頭部形状評価を行います。



ちなみに、私が選んだ医療機関は先に受診するところだった為、この前受診してきました!!


大学病院では、
まずCT画像の撮影→診察という流れでした。

CTを撮ることによって、病気からくる変形なのか、向き癖による変形なのかがわかるらしいです。

のんちゃんは、病気ではなく、向き癖による変形ということで、まず一安心( ´ ▽ ` )

診察では、CT画像を見せてくれて、右側の骨が薄くなっているらしく、脳に圧迫されボコボコと凹んでいました…(^◇^;)

CT画像の説明のあとは、頭を測定、計算をして、

「中度〜重度なのでヘルメット治療範囲内ですね。
ヘルメット治療をすれば丸くなると思いますよ。」

と説明を受けました。

先生からは特に、ヘルメット治療をやった方が良い!ということはなく、あくまでも決めるのは親次第といった感じでした。

私は元々、中度でもヘルメット治療範囲内だったらやろうと旦那と話して決めていたので、
ヘルメット治療をやりたいです。
と、先生に伝えて、処方箋を書いてもらいました。

そして後日、ヘルメットを作る場所へ行く予定です。

まだのんちゃんは首がしっかり座ってないので、首がしっかり座ってからヘルメットを作る予定です。

後日、ヘルメットを作りましたら、またブログに書きたいと思います。



大学病院はすごーく混んでいて、9:30予約で全て終わったのが、13時でした…(−_−;)
ちなみに、大学病院でのCTや診察は医療証のおかげで全て無料でした。

♡おまけ♡
私が受診した大学病院は紹介状がないと、初診料5000円かかるところでした。
なので、事前にいつも通っている小児科に行き、話をして紹介状を書いてもらいました。
紹介状は保険内だそうで、医療証があるのんちゃんは無料でした!

大学病院に行かれる際は、いつも通っている小児科に紹介状を書いてもらうことをおすすめします!!

https://kyasa46.hatenablog.jp/entry/2022/09/01/112707

頭形①